2009年07月20日

土地代金決済

そんなこんなでいろいろありましたが..(どんなこんなだ^^;)
家を買うぞ!!と思い始めて約3年が経過した

6月8日に第1回目の住宅ローンつなぎ融資実行され
土地代金を売主さんにお支払いすることができ

その約1週間後に抵当権が設定された
土地の登記書が司法書士さんから郵送されてきました。

一歩だけ家主に近寄りました^^;
自分なりに長かったけど
これで家が建てられるのだと実感してます。
ネズミから逃れられるのだ!!(笑

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
posted by 凡 at 12:48| Comment(0) | 【家】--土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地盤調査の結果

すでに終わっている地盤調査ですが、
地盤は改良工事なしで家は建てられるということです。

家を建てるだろう四隅+中央他1か所の合計6か所を地下にむかってボーリング
その地層などで判断をするスウェーデン式サウンディング試験という検査の報告書を見ると
換算N値という項目が全て3.0(Nc)以上であり

普通のベタ基礎工事だけでOKという結果がでました。


土地が安く買えても改良にお金がかかったりしたら
予算をオーバーすることになり、その分家の予算を削っていかないと…なので、結果が出た時はホッとしました。

あまりに土地が気に入ってしまったので
地盤調査前に契約をしてしまった私。

本来は地盤調査の結果まで見てから納得して土地を契約するのがいいとされていますが、売れちゃったら。。。(゜д゜;)と考えたし

ここがイイ!っていうことしか考えられなくなってまして。。。

土地も、近辺をいろいろと見たりしたけど、
値段が折り合わなかったり、学校が遠かったり
面積が狭かったりで、日当たりが悪かったり
いい条件のモノと出会わなかったけど、

契約したところは私的に最高!!
と思えたので先走り^^;感も多々あると思います(苦笑)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
posted by 凡 at 12:25| Comment(0) | 【家】--土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集落地区計画?

私の選んだ土地は、市街化調整区域です。

普通なら家は建てられない土地とされています。

でも、集落地区の制度があり該当するので家が建てられる
条件付の土地ですね。

集落地区計画の制度とは私の持っている参考本によると
市街化調製区域(市街化を抑制しようとする区域のこと)内にある集落について、良好な営農条件と、それに調和のとれた居住環境の確保、さらに適正な土地利用を図るために指定されるのが、「集落地区計画」である。集落地区計画の内容に適合すれば住宅建設等の開発行為が許可される。
私が選んだ土地に対する集落地区計画の内容は
その土地と隣接する町に過去に10年以上住んでいる(住民票で確認)ことが原則でした。

以前、隣の町に10年と6カ月住んでいたことが、住民票台帳や住民票の附表?などで証明できたので家を建ててもいいよということになったのです。

大まかに住宅ローンが組めるだろう金額の
6分の1の値段で土地を手に入れることができました。
市街化調整区域なのでかなりお安い物件でした。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
posted by 凡 at 11:58| Comment(0) | 【家】--土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。