2009年09月29日

キターーー外構追加見積もり!!

以前にもご紹介したわが家の外構予定図 日記はコチラ
gaikou-1.jpg
このオレンジの線と緑の線を合わせた工事代金見積書がキターーーーー!

なんと大幅アップの94万円ギヨエエエエエエーーーー爆弾むかっ(怒り)爆弾
※これでも普通に考えたらかなりお安い金額です。

外構は高い!とよく申しますが
ほんと高たらーっ(汗)

もともと予算は50万円しかとっておらず…
これってHMさんの見積もりの甘さに感謝感激感涙号泣オヨヨ台風

だいたいさ。
外構工事って、ある程度家の方がはじまってから見積もりとったりする方って多くないですか?まだ先だからってしっかりとした見積もりをとってないのよねふらふら
ウチだけかしら…?

あ”・・・・

しかし、
やらないと住むことができないので
94万円の見積もりもってきてくれた不動産屋兼工務店のおやじとお兄ちゃんと腹を割ってじっくり…交渉すること4時間半

実際に払える金額を提示し、住めるようになる範囲でなんとか納めてもらうことにしましたよんダッシュ(走り出すさま)


あとはコツコツセルフでやっていきましょうるんるん

++凡覚書その〇?++
おうちの予算を組む時は
最初の段階で外構工事は多めの予算をとっておきましょう。
HMさんがこれで十分って言ったって
実際に掘ったり埋めたりしないと住めないような高台にある土地は
多額なお金がかかります。
あとでHMさんに文句を言ってもはじまりません。
実際にお金を払わないとならないのはまぎれもなく施主です。
覚書えんど。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

プロパンガスは公共料金ではありません。料金削減はこちら

posted by 凡 at 20:25| Comment(6) | 【家】--外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

外構っていっても…

素敵な門柱を建てるとか、まわりをぐるっと白木のかわいい塀で囲むとかじゃないんです。かなり深刻…たらーっ(汗)
gaikou-1.jpg
わが家は全面道路より1.5m程高いところに建てています家
そのため全面道路との土留めとして擁壁が必要になります。
(芝生を植えて土が流れないようにする…なんていう簡単なものでは市から許可が下りないらしい=住めないexclamation×2
それと、
西側に接している土地はウチの奥の方の私有地
(まだ売れていないので現在は使わせて頂いてますが)のため
西側からの車の出入りはできません。
なので、敷地内にスロープを付けて車が自宅わきまで登れるようします車(セダン)
この工事に案外金額をとられてしまうのです...あせあせ(飛び散る汗)

素敵なフェンスとかかわいい塀とか…今は考えないことにしてますふらふら
そんな余裕なんてありましぇん(古っ^^;)

今日は、土地を売ってくれた不動産屋のおやじさんとその息子
(息子は話のわかるヤツ)
あと監督さんとで工事を見積もってもらうため
現場で打ち合わせをしました。

以前に出してもらった見積もりは
画像オレンジ色の線の擁壁部分約25m
それだけで50万円どんっ(衝撃)
(つながりのある鉄筋屋さんがおかんの友達でかなりお安い金額です)
今回はそれにプラスして
スロープの部分を掘って車が乗り降りしてもぬかるまないように
粗コンクリートを敷いてもらう…
とりあえず砕石でいいんじゃと思ったのですが、
斜度があるためあっという間に石が流れてしまうだろうとのこと
 
日常使うのにはそれだけは最低限必要だっていうギリギリの範囲で
見積もりを組んでもらうことにしました

駐車スペースとか、庭とか…
住み始めてからコツコツ自作していこうと思ってますプレゼント

当初50万の見積もりでなんとかなるとHMさんで組んでもらっていましたが、とんだ誤算になりそうです

不動産屋のおやじったらブツクサ言ってたので
監督さんがイメージ画像を作ってきてくれることになりました。

擁壁が高いんですよねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

工事そのものは家ができあがってからになりますが
大きな金額なので別に予算をとっておかないと
家できたけど家に入れない状態では目も当てられませんがく〜(落胆した顔)

いくらの見積もりが上がってくるのか・・
その金額によっては家自体の変更が出てくるかも
ドキドキです爆弾


そして今日のわが家ですv
20090908-1.jpg
床の断熱材がキッチリ入れられて上から下地材が貼られていました。
大工さんとの初顔合わせはクーラーボックス持参で済ませてきましたよv

20090908-2.jpg
祠にはツーバイ材や各部材が順番を待ってますv

今週末には1階部分の構造ができあがるとのことです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
posted by 凡 at 15:52| Comment(2) | 【家】--外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。